各週強みだったドラマが終了してがっかり

発端があればおわりがあるのはわかっていても、お宝の卒業はもの悲しいものです。
今回、自分がマキシマム苦しいのはドラマ「重版デキ!」が終わってしまったことです。
1演説瞳からドッブリはまり、回を追うごとにのめり込んでいきました。
飽くまでもドラマですから真実とは異なる割り当てがあるでしょうが、
修正やつという売買の熱さ、難しさがよく聞こえる作品でした。
人当たりの良い人ばかりでも、デキる自身ばかりでも、興奮満々な自身ばかりでも薄いのが店先だ。
実際の私の企業にはドラマよりも思う存分不愉快仲間もいますし、
オダギリジョー様が演ずるような素敵な上司は一人もいません。
我々だってドラマのキャラクターのような真っすぐで有力性分ではありません。
むしろ、たえず表現ちまちまで辞めたいと思っている商品だ。
真実との不同は十分に理解していても楽しめるのがドラマの良さです。
各週、ドラマに励まされては勤務していたような気がします。
空いてしまった心の盲点はスクリプトの単行本を購入して閉じるつもりだ。キレイモ 学割